男性と一緒にいるといざこざが起きやすかったり、行動に対して理解できなかったりするときありますよね。

今回は性別の違いによる、男性脳と女性脳の違いについてお話していこうと思います。

男性は解決する・女性は共感する

よく、悩み事なんかがあった時に人に話したくなったりしませんか?

友人や恋人に話をしてみると気持ちが楽になった、なんて経験がある方もいるのではないでしょうか。

ご存じの方もいると思いますが、実は女性はストレスを抱えたとき、「人に話すこと」で悩みを解決しています。

問題が解決するかどうかではなく、他人から共感をしてもらうことで、リラックスをします。

私もストレスを抱えたときは、とりあえず誰かにスッキリするまで話をします。

そうすると意外と何に悩んでたんだっけ?と感じることが多々あります。

ただただ話を聞いてもらうということが大事なのです。

反対に、男性はストレスを抱えたとき、「ストレスの原因を解決する」ことで 悩みを解決しています。

何が問題なのか・どう解決すればいいのか、などを考えます。

この考え方の違いにより、カップルがもめてしまう理由があります。

彼に悩みを聞いてもらっていた、話を聞いてもらうだけでいいのに、「こうするべきだ、ああしたほうがいい」と伝えてきた。

女性側の意見としては、そんなことわかってるよ!ですよね。

ですが、男性はあなたを助けたいと思っているから、その問題を解決するためにいろいろと助言するのです。

ここで、私はいざこざを避けるため彼に

「今は話を聞いてほしいだけ、何をすればいいかはわかってる」

とはじめにいってしまいます。

そうすることで男性はどうしてほしいのかがわかるので、無駄な争いがなくなります。

男性は一点集中・女性は多点集中

要するに、何か物事を進めるときに、男性は「一つのことにしか集中できない」けど女性は「複数の物事を同時に進めることが出来る」ということです。

ここでの違いでもケンカがよく生まれてしまいます。

例えば、彼がゲームをしているとします。

あなたは、夕飯の支度をするために買い物に行こうと思います。

彼に何が食べたいか聞くと、ほとんどの男性は話を聞いていません

ここであなたのイラ度は10%上がりますね。

それでもめげずにあなたはもう一度彼に聞きます。

そうすると彼は

「おおん。」

と一言。

こんな感じであなたのイラ度は日に日に増していき、いつの日かケンカが起きてしまいます。

「ただ何か一言返事をくれたらいいのに」と思うでしょう。私も毎日そう思います。

ですが、男性側としては、しようとしてもできないんです。

同じことで毎回ケンカが続いている場合、一度考えてみてその問題が、一点集中問題である場合

あなたがあきらめましょう

そうすることで、彼に対して余計な期待が減り、ケンカをすることが少なくなりますよ。

まとめ

今回は男女の考え方の違いによる、いざこざの対処方法についてお話していきました。

ぜひ一度相手の脳を理解したうえで、彼と接してみてください。