すごく好きな人がいるけど、嫌われるのが怖くて近づけない、、なんて思っていたりしませんか?確かに相手に嫌われるかもと思ったら積極的に彼と話すのは難しいですよね。

ですが、ちょっとした気遣いをすることで実は彼との距離がぐんと縮まっちゃうんです!

彼の話に共感する・質問する

まずあなたの彼はどんな女性がタイプなのか想像できますか?

家庭的な人、元気で活発的な人、スタイルがいい人、、などなど沢山想像できるのではないでしょうか。

実は、様々なタイプの男性がいる中で、唯一共通して言えることがあります。

それは、「男性は自分の話をよく聞いてくれる人が好き」ということです。

よく、聞き上手な女性はモテるという噂を耳にしませんか?

ほとんどの男性は、女性に自分の話をすることが大好きなんです。

なぜ話をするのが好きなのかというとことを歴史をさかのぼってお話してみようと思います。

ずっと昔、男性は女性より力が強いので狩りに出ていっていました。狩りに出かけるということは常に命がけで、とても名誉なものだとされていたそうです。

また、狩りで食べ物を家に運んでくるということは、力の弱い女性を守るということなのです。

そのころの名残から、男性は女性よりプライドが少し高く、 無意識のうちに女性を守る立場でありたいと思うようになっています。

言葉が生まれた今現在、男性は狩りの代わりに、言葉で女性に自分の魅力を伝えられるようになりました。

ですので、男性の話をよく聞くということは男性に「この人は自分のことを認めてもらえている」と思わせることが出来るのです。

そこで私流の気遣いを含めた話の聞き方をお伝えしたいと思います。

それは、「相づちを打ちながら、キーワードを聞き取って相手に質問をする」ことです。

男性は話をするとき、特に女性側の反応とどれだけ話を理解をしているかに注目します。

なので、彼が話している最中は

「へえ~そうなんだね!」「すごい!そんなことがあるんだね」

というような相づちを打ち、たまに

「その○○ってどんな感じなの?」「○○って爆発するの?」

などとキーとなるキーワードについて質問してみましょう。

このちょっとした気遣いで彼との関係がもっと良くなると思います。

彼を気にかける

男性はかまちょな人がとっても多いです。

表向きはかまちょに見えなくても、実際はかまわれるのが好きという人もいます。

少し自分に聞いてみてください。もしあなたが何も言わなくとも、あなたを気にかけてくれる人がいるという状況をどう思いますか?

自分が好きな人じゃなかったらうざい、と思うかもしれません。

でもあなたが少しでも好意を持っている人であれば、もったいないくらいに嬉しいなと感じないでしょうか?

男性も同じで、「自分の気持ちを気にかけてくれる人が好き」なのです。

もう一度あなた自身を例に出して考えていきましょう。

あなたはいつもは明るく気さくな人だけど、今日は大人数で遊ぶより一人でおとなしくしていたいな、と心の中で思っています。

でも周りはこれからカラオケに行こうとしている、断りづらい状況の中で一人の男性が声をかけてきました。

「大丈夫?少し休憩してから行くこともできるよ。」

(なんかちょっと少女漫画風じゃんキュン、、)

こんな状況、現実ではあまりないかもしれないけどもしあったら少しうれしいですよね。

あなたがされて嬉しいと思うことは、男性も嬉しいと感じます。

上記の例は、 高等なテクニック なように感じますが、実は意外とそうでもないんです。

あなたが男性を気にかけるうえで重要なこと、それは「普段の彼の様子をよく観察する」ということです。

人間の感情は毎日一定ではありません。

今日はすごい楽しい!と思う時もあれば、気分が乗らないなと思う時も約三か月に一回のペースでやってきます。

そんな時、人の雰囲気は少しですが変わっています。

彼の様子を観察して、彼が気分が乗らないと思うその時に気づけるような女性になってください。

そして、彼にひとこと「大丈夫?」と言ってあげるだけで、彼との心の距離が縮まります。

まとめ

今回は、さりげなく彼を気遣う方法についてお話していきました。

心の距離をぎゅんと縮めて、彼女になれるように頑張ってください!